So-net無料ブログ作成
検索選択

全面否認の男に懲役18年求刑=女性殺害、裁判員裁判−静岡地裁(時事通信)

 スナック経営の女性を殺害したとして、殺人罪に問われた無職小田義雄被告(60)の裁判員裁判が16日、静岡地裁(原田保孝裁判長)で開かれ、検察側は懲役18年を求刑した。小田被告は起訴内容を全面否認している。
 この後、弁護側が最終弁論を行い、公判は結審する。
 これまでの公判で、検察側は、平本広子さん=当時(61)=のスナック店舗兼住宅で見つかった手袋から検出されたDNA型が、被告のものと一致したなどと指摘。弁護側は「被告は犯行時刻に自宅で寝ており、殺害の動機もない」として、無罪を主張している。 

【関連ニュース
【特集】裁判員制度
「もみ合い刺さった」殺意否認=漁船員殺害の裁判員裁判
強盗殺人、起訴内容認める=裁判員1人を解任
強殺認定に不服、弁護側控訴=2人殺害、裁判員判決で
グループホーム運営会社など捜索=入居者2人の身元確認-7人死亡火災・道警

色×15の臨海オフィス 東京・臨海副都心に出現(産経新聞)
長男殺害の男、二審も懲役12年=一審裁判員を支持−高松高裁(時事通信)
温暖化法案閣議決定 産業界負担増、強い不満 競争力低下、雇用に影響(産経新聞)
スカイマークを特別安全監査、国交省が厳格対応(読売新聞)
事故米転売、「三笠フーズ」元顧問に有罪判決(読売新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。